変形抑制効果

動的遠心模型試験を実施し、SECURE-G工法の液状化時の変形抑制効果を確認
→レベル2地震動に対して、無対策に比べ液状化時の盛土の天端沈下量を70%程度以下に、法尻水平変位量を50%程度以下に抑制

動的遠心模型試験その①:Case1無対策、Case2ジオシンセティックスのみ、Case3 SECURE-G工法の比較


  • 遠心加速度50G:図中の寸法は実物換算

  • 入力波:正弦波(300gal,50波,1.2Hz)

  • 無対策に比べ,阪神大震災地震動相当(16.7sec)
    でSECURE-Gは沈下量を66%に低減

動的遠心模型試験その②:Case1無対策、Case2砕石のみ、Case3 SECURE-G工法の比較


  • 遠心加速度50G:図中の寸法は実物換算

  • 入力波:2011年東北地方太平洋沖地震
    K-net水戸(IBR006,NS成分)

  • 無対策に比べ、主揺動終了後(120sec)
    でSECURE-Gは沈下量を62%に低減