従来技術との比較

SECURE-G工法は従来の対策工法とくらべて、施工性・環境・コストに優れた工法です。

比較安 SECURE-G工法 深層混合処理工法 サンドコンパクションパイル工法
概念図
工法概要 ・液状化を許容し変形を抑制
・盛土基底部の全面に設置
・固化で液状化を防止する工法
・法尻部へ格子状に改良
・砂杭造成で締め固める工法
・法尻部または全面に造成
施工性 ・地元業者の工事が可能 ・専門業者(重機)による工事 ・締固め時の地下水濁りが懸念
地下水環境 ・地下水の通水性を確保 ・地下水の阻害が起こる ・締固め時の地下水濁りが懸念
周辺環境 ・施工時の周辺影響が少ない ・固化時の地盤汚濁対策が課題 ・締固め時に周辺地の変形が発生
コスト
(目安)
SECURE-G設置面積当たり
砕石厚2.0m:8~10千円/m2
固化改良ボリューム当り
70~100千円/m3
砂杭径Φ700㎜,L=10m 1本当り
70~85千円/本(L=10m)

詳細比較検討例(盛土天端幅W=20m、盛土高H=8.0m、液状化層厚h=10mの検討結果)【Excel●】